第五世代

ハーブは、規制をされることによって所持や譲渡については非合法になる場合があります。
入手した時点では合法ということでも、非合法になってから使用をしてしまうと、それが犯罪になって摘発されることもあります。
Keep reading »


フェネチルアミン系

フェネチルアミン(ヒトの脳において神経修飾物質や神経伝達物質(微量アミン)として機能するとされている。)骨格を持ちます。
幻覚剤としてレクリエーション目的に使用される脱法ドラッグは、フェネチルアミン系と呼ばれる。
Keep reading »


トリプタミン系

幻覚剤の目的でレクリエーションなどに使われるドラッグであり、トリプタミン骨格を持っているものは、トリプタミン系と呼ばれるものです。
幻覚作用を持っているドラッグのうち多数ものがこのトリプタミン系にあたるものです。
Keep reading »


ハーブ・ドラッグの効能

ナチュラルハーブの中でどういったものの効果が強いのか、もしくは抜けが早いか、こういったものを他人に聞くことは手軽な方法でもあります。
しかし、それによって正しい答えを得ることができるとは限りませんし、他人の意見が自分にとっても合っているかということもわかりません。
ハーブの効果については、そのときの体調であったりその人の耐性、個人差でかなり効き目が変わってきます。
Keep reading »


知らないでハーブをすると大変な事に

ハーブの中には合成カンナビノイドが含まれて居ます。
そのために、まったく身体に影響がないと考えることはできません。
使用をする際には、正しく知識を身につけておくことでリスクを低く抑えることができます。
Keep reading »


分類

ドラッグについては、形状や性質や化学構造によって、分類が行われています。
ドラッグは、販売をされている際には試薬などの名目になっていますが、この類のものをケミカルドラッグと呼ぶことがあります。
Keep reading »


ハーブってどうして合法なの?

合法という言葉になっていますが、これは単純に法律によって規制されていないということです。
ハーブと呼ばれるものですから、これについては使用をすることも所持をすることも特に法律で禁じられているものではありません。
Keep reading »


ハーブ保存方法

ハーブの保存は未開封のままなら3年、開封したものは1年というのが大体の目安です。
ただし一度開封すると、どんどん劣化が進みますので早めに使ったほうが良いでしょう。
Keep reading »


みんな大好き、ハーブ・アロマリキッド

「もう大好きです!」という方も、「これから始めてみようかな?」という方もいるかと思う、ハーブ・アロマリキッド。
だからこそ、正しい使い方で健康的に楽しみたいものですね。
当サイトではハーブ・アロマリキッドとは何か?から正しい使用方法までをお伝えしていきたいと思っております。